泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子 三兄弟の母になる!母でありインストラクターであり当たり前だけれど1人の女性でもある、日々徒然なるままに。

【バランスボール大泉学園教室☆2020.1.21】

◆新型コロナウィルス関連対応のお知らせ◆

私の担当する教室は3月は全クラス休講とさせていただきます。

4月は大泉学園教室のみ通常通りレッスンを開講いたします。5月以降につきましては、状況を見ながらアナウンスさせていただきます。

--------------------

認定NPO法人マドレボニータからのお知らせ

 

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士の宮澤千尋です。(通称「りんちゃん」)

◆◇ホームページはこちらから◇◆

 

◆産後のバランスボール大泉学園教室◆

毎月第1・第3曜日 10:30-11:30

​4月→7日・21日
同伴可能な赤ちゃん 2019年9月10日・24日以降生

▶お申し込みはこちら◀

f:id:rinfamilylife:20200124124900j:image

 

昨日のバランスボール大泉学園教室は

何度目かのプライベートレッスンでした!

 

前回の出産で産後ケア教室に参加・卒業なさっていたからか、弾みが安定していて「おぉ!!」と心ときめきました♡

 

この、弾みの安定は骨盤がしっかりと起きているからこそ。

 

★反り腰と尿もれの関係性

 妊娠して大きくなっていくお腹。

なんとかバランスをとろうと反り腰になる方が非常に多いんです。(わたしもその1人でした(>_<))

 

そのクセはなかなか抜けず…レッスンの導入の骨盤を起こします、床に対して垂直にします、というところで反り腰のクセに気づかれる方も多いと感じています。

 

反り腰による影響は筋肉のつき方や腰痛など、色々ありますが、わたしは「尿もれ」にも大きく関わっているんじゃないかな…?と自身の体験から睨んでいます。

 

尿もれというと、「骨盤底筋群を鍛えましょう」というのが真っ先に紹介されると思うのですが、反り腰の状態だとこの骨盤底筋群が緩んでしまうため、筋力の低下につながり尿もれが起きやすくなるんじゃないかと思います。

 

実際に反り腰の状態と骨盤を起こした状態で、トイレに行きたいのを我慢するときのシミュレーションをすると、骨盤を起こした状態の方がしっかりと力が入ります‪('-'*)‬

 

産後、尿もれの悩みがある方は、日頃の姿勢にも意識を向けるといいかもしれません♪