泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子 三兄弟の母になる!母でありインストラクターであり当たり前だけれど1人の女性でもある、日々徒然なるままに。

正しい姿勢もどき

◆新型コロナウィルス関連対応のお知らせ◆

私の担当する教室は3月は全クラス休講とさせていただきます。

4月は大泉学園教室のみ通常通りレッスンを開講いたします。5月以降につきましては、状況を見ながらアナウンスさせていただきます。

--------------------

認定NPO法人マドレボニータからのお知らせ

 

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士の宮澤千尋です。(通称「りんちゃん」)

◆◇ホームページはこちらから◇◆

 

◆産後のバランスボール大泉学園教室◆

毎月第1・第3曜日 10:30-11:30

​4月→7日・21日
同伴可能な赤ちゃん 2019年9月10日・24日以降生

▶お申し込みはこちら◀

 

正しい姿勢でありたい

見た目はもちろんのこと、健やかな身体の基本ということで正しい姿勢でありたいとは昔から思っていました。

 

例えば猫背はぱっと見ただけで分かるので正そうとして背筋を伸ばす。

 

内股はよくないのでつま先が内に入らないようにつま先の角度を変える。

 

これは実際にわたしが過去に行なったものですが、おそらくただ背中が丸まっていたわけでもただつま先が内側を向いていたわけでもなかったんだと思います。

 

正座もどきをしているから背中が丸まっていたのに、根本を直さずに背筋を伸ばそうとしたために反り腰になってしまう。

 

X脚だったからつま先が内側に向いていたのに、根本に気がつかずにつま先を前に向けようとして膝下O脚になってしまう。(太ももで内側にねじれているものを膝下で外側に向けようとするため)

 

それから、太ももが内側に捻れることによりお尻の筋肉が緩んでいるのに何も考えずにおしりをしめようとしていたことにより梨状筋に過度の負担がかかり坐骨神経痛を発症したのかな…とも考えています。

 

日常の姿勢で本当に正しい形を知らずに正しい姿勢もどきをとってしまった影響を受け、現在必死でニュートラルなポジションを取り戻そうとしています(T-T)

 

学校の保健体育で「正しい立ち方と座り方」をカリキュラムに入れてほしかった…笑

 

正しい姿勢は健やかな身体を、健やかな身体は健やかな心をつくると思います。

 

************

 

YUKAさんの施術とアドバイスを受けて

ここ数日、X脚であることを意識したストレッチをしながら立った状態・座った状態で骨盤を立てた状態をずーっと探っていました。

 

そこで覚えた違和感。

背中が張っている…
(そして正しい形にもならない)

f:id:rinfamilylife:20190406085250j:image:w150

 

 

YUKAさんにそのことを伝えるより先に、今の体の状態で骨盤を立てようとしたら腰が痛くなりませんか?との言葉をいただきました。

 

自分でほぐした後とはいえなおりきっていない状態。

力技で「正しい形」を作ろうとして不要な箇所にテンションがかかってしまう。

(そしてもちろん正しい形ではない)

 

 

身体の歪み(間違ったクセ)が深刻であること。

エントリーするに足る身体がまだできていないこと。

 

ひしひしと感じ思いを巡らせています。

 

 

■応援クリックしていただけると嬉しいです■


人気ブログランキングへ