泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子 三兄弟の母になる!母でありインストラクターであり当たり前だけれど1人の女性でもある、日々徒然なるままに。

正しい姿勢は疲れる?

◆新型コロナウィルス関連対応のお知らせ◆

私の担当する教室は3月は全クラス休講とさせていただきます。

4月は大泉学園教室のみ通常通りレッスンを開講いたします。5月以降につきましては、状況を見ながらアナウンスさせていただきます。

--------------------

認定NPO法人マドレボニータからのお知らせ

 

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士の宮澤千尋です。(通称「りんちゃん」)

◆◇ホームページはこちらから◇◆

 

◆産後のバランスボール大泉学園教室◆

毎月第1・第3曜日 10:30-11:30

​4月→7日・21日
同伴可能な赤ちゃん 2019年9月10日・24日以降生

▶お申し込みはこちら◀

首凝り肩凝り偏頭痛、首が前に出て巻き肩になる、気がつけば腰痛(坐骨神経痛の経験あり)を感じることも…これは産後のわたしです。気がついたらこんな身体にたどりついていました。涙

崩れた姿勢が先か筋肉のこわばりが先か…気が付けばこの二つのデフレスパイラル(T_T)

 

ただ、これが最近緩和してきたように感じています。

まず鏡を見て「はっ✨」としたのが鎖骨がまっすぐ地面と平行であることに気が付いた時。わたしは前肩に加えて肩と首に力が入り鎖骨が肩に向かって斜めになりがちだったので、こんなにきれいなラインを見たのはいつぶりだろう!と嬉しかったです。

 

自分の姿勢がおかしいことには気がついていて、首が前に出ているなら後ろに引いてみよう・肩が上がるなら下げてみよう…などトライしていたのですが、凝り固まったものを無理やり引っ張っている感覚で全くしっくりきていませんでした。

正しい姿勢をとろうとしているのに違和感があるし疲れると感じる人はわたしと同じように力技で何とかしようとしているからかもしれません。

 

そんなわたしもトレーナーさんに全身ほぐしてもらうと、かかと・お尻・後頭部が意識しなくてもまっすぐ…肩の高さも左右同じだし巻き肩にもなっていない。

 

ほぐすことで自然と正しい姿勢になるということなんですよね。

けれども、姿勢のクセがあるのでせっかくほぐしてもらったものも何もしなければ元に戻ってしまいます。

◆自分のクセを見つける

◆そのクセにより凝り固まっている箇所をほぐす

◆リラックス状態を保つための筋肉を鍛える

この三点セットが正しい姿勢になるためには必要なのかなと感じています。

 

**********

 

養成コースのエントリーに向けて毎日必ずストレッチと筋トレをしているので(そして正しいフォームに近づくために自分のクセを見つけて直していく作業をしているので)上記三点が揃っていい影響が出てきているのだと思います。

 

元々は自分の体調管理や健康維持に関心が高かったので、体がまだまだかたい・思うような動きができないと悩みながらも久しぶりに自分の体に向き合って調整をしていく時間がとても楽しいです。

 

**追記**

 

夫から「朝と夜にトレーニングの時間をとるようになってからrinちゃんがハツラツとしている!」と言われました!わたしのことをわたしよりも客観的に見ているのは夫だと思うので嬉しいです\(^o^)/

 

■応援クリックしていただけると嬉しいです■


人気ブログランキングへ