泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子 三兄弟の母になる!母でありインストラクターであり当たり前だけれど1人の女性でもある、日々徒然なるままに。

長男産後の落ち込み〜夫婦編〜

◆新型コロナウィルス関連対応のお知らせ◆

私の担当する教室は3月は全クラス休講とさせていただきます。

4月は大泉学園教室のみ通常通りレッスンを開講いたします。5月以降につきましては、状況を見ながらアナウンスさせていただきます。

--------------------

認定NPO法人マドレボニータからのお知らせ

 

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士の宮澤千尋です。(通称「りんちゃん」)

◆◇ホームページはこちらから◇◆

 

◆産後のバランスボール大泉学園教室◆

毎月第1・第3曜日 10:30-11:30

​4月→7日・21日
同伴可能な赤ちゃん 2019年9月10日・24日以降生

▶お申し込みはこちら◀

 

産後に対する不安

出産前から不安だったこと…それは夫のわたしに対する感情に何らかの変化があるのではないか…女性としては見られなくなるのではないか、ということでした。(初々しいですねー。笑)

 

初めてのことで不安しかない陣痛〜出産の時は絶対夫にそばにいてほしい…安心感が全然違う!と思いながらも上記の理由から立会いを迷ったほどです。笑

 

そしてもう1つわたしが恐れていたのは“産後クライシス”でした。ちょうどテレビなどでブームのように取り上げられていた産後クライシス。

産後のホルモンバランスの変化や守るべき赤ちゃんが産まれたことで夫のことが疎ましくなる…というあれです。

こんなに大好きな夫のことをわたしは嫌いになるのだろうか…なにそれどうしよう…と心配していました。

 

実際の産後

まず、産後クライシスはやってきませんでした!これはわたしと夫が出会ってからの年月が三年も経っておらず、好きという気持ちがまだまだ上昇中だったからだと思います。

 

長男出産後の入院中も寂しくてメソメソ泣いていたくらいですからね…(^_^;)

 

長い長い陣痛に付き合ってもらい、出産にも立ち会ってもらい…暴言こそ吐かなかったものの、おしりをグーで押さえてもらったし…産後の体は散々だし…と不安の渦へと飲み込まれていきました。

 

そんなわたしは授乳している姿を見られるのが恥ずかしく最初は部屋を変えたりケープをしたりしていました。

 

しかし…経験のある方はお分かりだと思いますが、それってものすごく大変だし疲れますよね。

 

産後で体力も戻りきっていない中そんなことが続くわけもなく、1ヶ月もせず夫の前で授乳、授乳しながらご飯を食べたりするようになりました(笑)

 

女性として見られていないんじゃないかという不安は言葉にして夫に伝え、大丈夫なんだなという安心感を得ることもできました。それとなく伝えるだけではこちらが納得するような話はできなかったので赤裸々に思いをぶつけてやっと解決。これには数ヶ月を要しました(>_<)

恥ずかしさを乗り越えてきちんと話すって大切だなぁと思ったのでした。

 

 

■応援クリックしていただけると嬉しいです■


人気ブログランキングへ