泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子 三兄弟の母になる!母でありインストラクターであり当たり前だけれど1人の女性でもある、日々徒然なるままに。

次男出産後の産褥期〜後陣痛〜

◆新型コロナウィルス関連対応のお知らせ◆

私の担当する教室は3月は全クラス休講とさせていただきます。

4月は大泉学園教室のみ通常通りレッスンを開講いたします。5月以降につきましては、状況を見ながらアナウンスさせていただきます。

--------------------

認定NPO法人マドレボニータからのお知らせ

 

当ブログをご覧いただきありがとうございます♪
NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士の宮澤千尋です。(通称「りんちゃん」)

◆◇ホームページはこちらから◇◆

 

◆産後のバランスボール大泉学園教室◆

毎月第1・第3曜日 10:30-11:30

​4月→7日・21日
同伴可能な赤ちゃん 2019年9月10日・24日以降生

▶お申し込みはこちら◀

一度経験しているので戸惑うことは少なかったように思います。
産後の体型も『知ってる知ってる、半年後くらいにはなんとなく戻るから大丈夫でしょう。』と受け入れられましたし、悪露も『あー始まった。』くらいのものでした。

これは経産婦だからか切った人&縫った人が違うからなのか分かりませんが、かなり腫れていて処方された湿布薬を貼っていた会陰切開部の回復も2度目の方が早く、座るのも前ほど苦痛ではありませんでした。

全体的に回復が早かったように思います。(だからって産後一ヶ月はできる限り安静にしておいたほうがいいですよ!)

 

産後ブルーも同時期に出産したママたちと笑いながらご飯を食べていたおかげかほとんどなかったです。入院中に長男に会いたいなぁ、寂しがっていないかなぁとちょっと泣いたくらいでした。

 

後陣痛

経産婦の方が苦しむものといえば、この後陣痛でしょうか。子宮が元の大きさに戻ろうとする力が初産婦よりも強く、この時にキューッという痛みが発生します。
人によっては「痛い痛い痛いっ」とベッドシーツを握りしめてしまう程だとも聞いています。わたしはそこまでではなく『あー痛い痛い、早く鎮まれ…』というくらいで1週間ほどで落ち着きました。

 

産後1ヶ月は後の回復のことも考慮して“やってもらう”に徹しました。経験と2年という時間でこんなにも変わるものなんですね。笑

 

■応援クリックしていただけると嬉しいです■


人気ブログランキングへ