泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子 三児の母になる?!妊娠出産育児を通じての気づきや夫婦関係の変化を中心に書いています。

第二子陣痛〜出産

第二子の時には前駆陣痛が軽くあり、経産婦だし『予定日より1週間くらい早く生まれるんじゃない…?』なんて思っていました。

 

 

陣痛だ!

予定日より早く…と思っていたものの、前回同様子宮口の開く様子もなく予定日を迎えました(笑)
が…予定日の夕方ついにやってきました!
陣痛に備えて早くから泊まりに来てくれていた母に「陣痛きた!」と連絡し、夫にも同様のライン。
痛いけどまだ序の口だし、その後のことを考えてシャワーを浴び、陣痛間隔を見ながら夫の帰宅を待ちました。

夫の帰宅が19時頃。今回は経産婦のため15分間隔になったら来てくださいと言われていました。夫は急いで夕飯をとりパワーチャージ。
病院に電話をして外に出ると…暦の上ではもう春だというのに雹がすごい勢いで降っていました( ゚д゚)驚きつつ車で5分の病院へ到着。
稲光と雹…とりあえず記念に写真を撮っておきました(笑)

20時30分 子宮口チェックしてもらったらまだ2cmも開いていないとのこと。
「このまま泊まってもいいけど朝になってもまだだったらいったん帰ってもらうけどどうする?」と想定外の質問。
車で5分だし、入院代無駄になったら勿体無いし…と悩んでいるわたしに「でも痛いんだよね?2人目だからお産が進むのも早いかもしれないし、病院にいた方が安心だよ!」と夫が病院にとどまることを選択。

これが正解だったんだよね…

第一子の時とは全く違い、子宮口チェック以外は陣痛室に夫と2人きりで放置プレイ。
21時から痛みもどんどん強くなり、夫に何をしてもらっても痛みが紛れない!
夫は前回同様全力なのに、なんか痛み方が前と違う!!
もうすごい声で「あーっ」とか「くぅーっ」とか叫んでいました。

すると「叫ぶと疲れちゃうから、産むときに力でないよ。叫んで体力持つならいいけど。」と顔を見せる助産師さん。

大丈夫、そんなんでスタミナ切れないし叫ばずにはいられないから!と叫び続けました。笑

 

破水〜出産

それでもいきんだら赤ちゃんが苦しんじゃう…と我慢することだけは意識するわたし&「いきまないで!息吐いて!ふーっふーっ!」と声をかける夫。
たまたまそこに子宮口チェックにやってきた助産師さんが「いきんで楽になるならいきんでいいよ。」と驚きの一言。
ここからはもう叫ぶこともいきむことも一切我慢しませんでした。笑
すると…“パンッ” ...音がしてまさかと思って見てみると…破水。
助産師さんを呼ぶとすぐに分娩台へと移動させられました。

でも、そこから分娩の準備なのかしばーらく放置。
どうやら…人手不足。笑
前回と違いてんやわんや。
とりあえずなんか分娩台の居心地が良くない(>_<)
足を乗せる位置がやたら手前だし手で持つ棒はやたら下で遠いし…いきむタイミングも声かけしてもらえないし、前回と違って「足もっと踏ん張って!」って言われる。
ペースも分からずイメトレと全く違ういきみ指導でとーってもつらい分娩でした(T_T)

そのせいか…カンガルーケアで産まれてきてくれた次男を初めて見た時の感想は『おまんじゅうみたいだな…』でした。
長男の時の愛情爆発も『可愛いぃぃぃーっ♡』もありませんでした…。
この悩みはしばらく続くことになります…。

 

出生日時:予定日翌日3時29分

 

本格的陣痛から出産までは6時間であっという間でしたが、前回は微弱陣痛だったからか今回の陣痛はすっごく痛くて『こんな痛み我慢しようがないし二度と嫌だ!』と思いました。笑

 

産後処置

そういえば今回も2回会陰切開されました。切られる時も痛みは感じないし、痛みに強い方なのか産後の縫合も平気なんですけどね。これからの座ることもままならない痛みを思うと…。経産婦はほとんど切らないって噂だったのに…次男は頭も小さかったのに…とほほ。

 

■応援クリックしていただけると嬉しいです■


人気ブログランキングへ