泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子 三児の母になる?!妊娠出産育児を通じての気づきや夫婦関係の変化を中心に書いています。

第二子妊娠発覚〜つわり〜

 

 

第二子妊娠

子どもは2人欲しいな…と結婚前から夫と話していたこと、自身が5歳差兄弟で少し兄弟間の距離を感じていた夫の希望で2学年差だと嬉しいな、と話していたので第二子のときは妊活。
とても嬉しいことに無事に第二子を授かることができました。この時は3日くらいフライングしたかな??それでもすぐにクッキリ陽性反応が出ました('-'*)

 

病院で初検診

第一子を出産後に引越しをしたため前回とはちがう病院で診てもらうことになりました。前回の“何も見えなかったけど1万円”と同じ轍を踏まないよう、推定6wの頃初検診を予約しました。

ここで驚いたのは料金の違い!!!初診料も含めて2500円しませんでした!あまりの驚きで「あの…安いんですね…」と確認してしまったくらいです。
会計の方は「自由診療ですから、院によって違いますよね。でも今回はまだまだ小さなたまごでしたし、うちはこの料金なんですよ」と説明してくださいました。

 

つわり・再び…

つわりは個人差があるし、同じ人でも軽かったり重かったりするっていうから…と第二子の時は軽いかもしれないという淡い期待をしていました。が、見事に期待は裏切られ、前回と同じく6wに入った頃から様子がおかしくなり始めました。
第一子の時は食べられないつわりでしたが、第二子の時は食べられるものはあるものの、食べても食べなくてもとにかく嘔吐。本当に申し訳なかったのですが、夫のお風呂上がりのいい匂いもつらくて毎回吐いていました…(^_^;)(これはボディソープを無香料のものに変えることで大分緩和されました)

どんなに少なくとも2時間に1回はトイレの便座を抱えていて、体感としては第一子の時をさらに上回るつらさ。存在していることがつらい…と24時間くらい気持ちで過ごしていました。

 

つわり中の第一子

妊娠が分かったときの第一子(長男)は1歳4ヶ月。色々な成長がゆっくりだった長男も歩くのが上手になってきて遊びたいオーラ、お母さん大好き構ってオーラが強く発されていました。
つわり初期は近所にあった地域の遊び場に連れて行ったりもしていたのですが、それすらも無理になり…それまでは時間を決めていたテレビを時間無制限にしてひたすら家の中で遊んでもらっていました。

長男のご飯もどうしていいか途方にくれ、それまでは出汁からとって全部手作りだったご飯もお惣菜になりウインナーも解禁しました。
(これはわたしが料理が好きだったり“体にいいもの♡”が好きだっただけで、子育てはこうしなきゃ!という強いこだわりがあったわけではありません。笑)

 

つわり中の家事〜心の叫びが溢れ出る〜

第一子つわり時には夫には何も求めずむしろ自分がいつものように動かないことに罪悪感を覚えていたわたしですが…前回よりも動くのが困難なこと、つわり中でも長男を気にして家にいても安静にしているだけではないことが重なりついに爆発したのです…。

あの日、夫は夜勤明けでご飯を食べてすぐに寝たい…という状況。わたしは吐きながら夫の目の前で洗濯物を干していました。

『あなたが疲れているのはよく分かる。働いてくれていることへ感謝もしている。でも、でも、わたしは存在しているだけでつらいの!目の前でこんなにしんどそうな姿を見て「手伝おうか?」も出てこないの?!』

『忙しいのは分かる、疲れているのも分かる、でも、一人暮らしの人はそんな中でも洗濯物もゴミ捨てもきちんとやっているんだよ?』

と、かなりきついことを言ってしまいました…。


一人暮らしでも汚部屋になっちゃう人もいますよね、でもそういうことではなくて、彼はわたしが普段何をしてどう動いて現状を維持しているのか知らないことがその時は本当に嫌だったんです(^_^;)


言い方ももっとあるよね…というのも分かります。でも余裕が無さすぎて…そうなると本性出ちゃうな…まだまだだなぁと反省もしました。普段家事を難なくできてしまうので、通常時は全負担に何も思わない分、こういうときに「健康なんだからこれくらいできるでしょう!!!」と思ってしまったんですね(^_^;)


「無理しないでいいよ」と言ってはくれるものの、だからと言って夫が何かしてくれるわけではないので『やらないと溜まっていくんだよ…それをやるのはわたしなんだよ…溜まるともっとしんどいんだよ…』と何度も伝えていました。


結果…第二子つわり中、夫は夕飯で使った自身の食器は洗うようになったのでした。あと、玄関にゴミを置いておけばマンションのゴミ置場まで持って降りてくれました。

 

※家事をできない、何をしたらいいのか分からない、というのは我が家では

それでOKだった流れがあります。夫は優しくてわたしの話もよく聞いてくれる素敵なパートナーです(>_<)

 

つわり中に言われた何気ない一言

保活もしたし点数も悪くなかった我が家ですが、長男が待機児童になってしまい職場復帰できていませんでした。


そんな中、前回よりもさらにしんどいよ…と呟いたわたしに『前回は働いていたから気が紛れたっていうのもあるかもね』と夫がのたまったのです!笑
そりゃあね、他のことで気がまぎれるレベルのことはあると思う。でも、でも、このつわりは違いますから!!


夫に悪気は微塵もないので強くは言いませんでしたが、そっと伝えておきました。適当なこと言ったらダメですよー。笑

 

つわりが明ける

第二子妊娠中のつわりも24w頃明けました。今回は4ヶ月間のうち間の2ヶ月間が嘘でも笑えないレベルで最悪、前後1ヶ月間は義母が来てくれた時はうっすら笑ったりお茶出したりできるレベルでつらい感じでした。


最悪からすこーしマシになると、動けるかもしれない…とやれていなかった家事をしようとしてしまうんですが、そうすると悪化してまだまだつわりなんだなと痛感。


つわり中のみなさんは本当に無理はしないでくださいね(>_<)

 


■応援クリックしていただけると嬉しいです■


人気ブログランキングへ

無添加・無香料だから妊娠時のママも大丈夫!+【ママケアクリーム】