泣いて笑って手をつなぐ

ひとりっ子 三兄弟の母になる!母でありインストラクターであり当たり前だけれど1人の女性でもある、日々徒然なるままに。

【バランスボール和光市教室☆2020.1.23】

f:id:rinfamilylife:20200124130024j:image

 

週末は雪が舞ったと思ったら2日後には15度近くまで気温が上がり…また冬の寒さ。

 

この気候の中、元気に足を運んでくださったみなさまには拍手!!

 

楽しかったから♪とお友達を誘ってくださったり

2月は産後ケア教室へ参加することにしました!

ボールを自宅用にも購入しました!と教えてくださったり(^-^)

 

レッスンが次の行動へのきっかけになっていることがとても嬉しいです。

 

f:id:rinfamilylife:20200124130017p:image

 

最後の腹筋は赤ちゃん連れの方はみなさん抱っこで♡

実は赤ちゃんを抱っこしながらの方が正しい姿勢をキープしやすかったり、

母が起き上がってくる度に赤ちゃんが笑ってくれたりで、頑張れちゃう♪

 

今日も最後までいい汗をかいていただけたと思います。

わたしも楽しかったです!!

(楽しめるのはみなさんのおかげなのです!)

 

身体を動かすと不思議と頭もスッキリします。

寒くて部屋にこもりたくなりますが、そんな時こそ全身運動で気持ちを上げていきましょう♪

 

******


気温が不安定だとどうしても体調をくずしやすくなってしまいます。
本日のレッスンはお子さんの発熱、ご自身の発熱で名様からキャンセルの連絡をいただきました。
1日も早く体調が回復されますように!

 

みなさんもどうか、お体大切に。

子どものお世話で自分のことが後回しになりがちだと思いますが、少しでも「寒いな」と思ったら首に布を巻いたりカーディガンを羽織ったりして一緒に冬を乗り越えていきましょう(^-^)

【バランスボール大泉学園教室☆2020.1.21】

f:id:rinfamilylife:20200124124900j:image

 

昨日のバランスボール大泉学園教室は

何度目かのプライベートレッスンでした!

 

前回の出産で産後ケア教室に参加・卒業なさっていたからか、弾みが安定していて「おぉ!!」と心ときめきました♡

 

この、弾みの安定は骨盤がしっかりと起きているからこそ。

 

★反り腰と尿もれの関係性

 妊娠して大きくなっていくお腹。

なんとかバランスをとろうと反り腰になる方が非常に多いんです。(わたしもその1人でした(>_<))

 

そのクセはなかなか抜けず…レッスンの導入の骨盤を起こします、床に対して垂直にします、というところで反り腰のクセに気づかれる方も多いと感じています。

 

反り腰による影響は筋肉のつき方や腰痛など、色々ありますが、わたしは「尿もれ」にも大きく関わっているんじゃないかな…?と自身の体験から睨んでいます。

 

尿もれというと、「骨盤底筋群を鍛えましょう」というのが真っ先に紹介されると思うのですが、反り腰の状態だとこの骨盤底筋群が緩んでしまうため、筋力の低下につながり尿もれが起きやすくなるんじゃないかと思います。

 

実際に反り腰の状態と骨盤を起こした状態で、トイレに行きたいのを我慢するときのシミュレーションをすると、骨盤を起こした状態の方がしっかりと力が入ります‪('-'*)‬

 

産後、尿もれの悩みがある方は、日頃の姿勢にも意識を向けるといいかもしれません♪

地球のためにできること②

f:id:rinfamilylife:20200121101346j:image

自然エネルギーには「地熱」というものもあり、日本は地熱のポテンシャルがかなり高いらしい…あとは活用・運用につなげるだけ…!!

 

NOプラ製品って意味あるの?

前回の記事からちょっと話はそれますが、地球温暖化対策としてNOストロー運動やNOレジ袋運動などのプラスチック製品(=石油由来)をなるべく利用しないというものがありますよね。わたしもエコバッグを利用したりしています。

(温暖化対策だけではなく、プラごみが正しく捨てられず海に流れ…という観点からの運動でもありますね)

 

では、石油の使い道の中で、プラスチック製品の占める割合ってどれくらいだと思いますか・・・?

 

正解は・・・3%

 

まじかー(笑)という雰囲気に会場が包まれました!😂

「エコバッグを忘れたときの罪悪感ったらなかったのに…」という声も。

 

さて…この数字を受けて、みなさんはどう思われましたか?

 

数字だけ見ると、プラスチック製品をどんなに減らしたって焼け石に水じゃん…という感じもあります。

 

でも、わたしは自分の取り組めることのきっかけとして意味のあることだと思っています。

 

まずは自分にできることを何か1つ始めること。

それによって意識のどこかに地球温暖化に対する問題意識が産まれ、アンテナの感度もちょっと高くなるはず。

 

そこから、じゃあもう1つ何かできないかな?とか、商品やサービスの選択にも影響していくかも。

 

消費者・国民の意識が変われば、サービスを提供する側も意識を変えざるを得なくなるはず。

 

3%なんて意味ないじゃんwww

 

と笑うのは簡単だし、だから何もしないというのも楽だけれど。

 

小さなきっかけや行動から世界は変わっていくはず…と信じて少しずつ知識を増やして、行動に移していきたいと思います(^-^)

 

何事も「知識」がなければ始まらない

温暖化がどうして問題なのか?

どのくらい問題なのか?

エコって一体なんなのか?

どんな手段があるのか?

 

知らないと思考停止のまま、何もできないままだよね…と、約20年間エコな観点ほぼゼロで生活してきたわたしは噛み締めています(>_<)

 

少し関心を持ったが吉日!!

 

同じく「なんとなく関心がある…」という人と話してみたり、WSでプロから分かりやすく教えてもらったり問題提起してもらったりすることをオススメします★

 

学びは楽しいですね〜(*´꒳`*)

 

続きます→

rinfamilylife.hatenablog.com

 

 

 

 

地球のために出来ること①

f:id:rinfamilylife:20200118134843j:image

 (写真中央のお二人が自然電力の社員さんです)

 

先週の金曜日、自然電力さんのオフィスにて「エネルギー」に関するワークショップに参加してきました!

 

***

 

現在進行形のオーストラリア火災や暖冬に頭を抱えている冬の観光地、熱中症で死亡者まで出てしまう猛暑…これらの原因は地球温暖化にあると言われていますよね。

 

地球温暖化問題はつまり、エネルギー問題と言っても過言ではない!ということで、興味津々。

 

***

 

 

実験からスタートしたWS、発見や笑いを交えながら、新しい学びの連続でとても楽しかったです。

 

興味深かったポイントをいくつか紹介させてください(^^)/

 

エネルギー消費は右肩上がり

わたしたちは今、暗くなれば電気をつけ、暑い日にはクーラーをつけ、汗をかけば温かいお湯で洗い流すことができます。

 

本当に便利に不自由なく暮らしています。

 

けれども、世の中にはエネルギーを使えることが当たり前ではない地域がまだまだあり…世界の約半分の人は自由にエネルギーを使えていないそうです。

 

f:id:rinfamilylife:20200118141555j:image

 

この地域でも今後確実にエネルギーの供給は安定していく…つまり、エネルギーの消費はこの先も右肩上がりなんですね…!!(それも爆発的に)

 

ということは、現在エネルギーを自由に使っている国は現状維持ではいけない。

便利な生活を我慢するというのではなく、エネルギーの生み出し方、使い方を、コストだけではなく、地球のことを考えて選択していく必要があるのだなと強く感じました。

 

(ここではさて置きますが、わたしは便利すぎる世の中にも「なんだかなー」と思っています…💦)

 

エネルギーをどう生み出すか

温暖化の原因は二酸化炭素二酸化炭素を大量に排出しているのが火力発電、その中でも石炭を燃料にした発電、さらに質の悪い石炭だと生み出されるエネルギーと排出される二酸化炭素のバランスが非常に悪いらしい…

 

逆に、発電時に二酸化炭素を排出しないのは…水力、風力、太陽光による発電

 

これだけだと当たり前じゃん~って思う方もいらっしゃると思うのですが、WSでは同じ火力発電(石油、石炭、液化天然ガス)でも二酸化炭素の排出量「液化天然ガス<石炭」であることや、低炭素を目指すならば原子力発電はエコと考えられていることなども数値ともに紹介されて興味深かったです。(フラットに説明を受けることができるのって大切)

 

そして、現在発電の半分以上を火力発電が占めているそうで… 

エネルギーを無駄にしないことももちろんですが、エネルギーの作り出し方の選択というのは大注目ポイントなんだな、というのが印象に残っています。

 

自然エネルギーだけで生活することは可能なの?

さて、これは誰しもが気になるポイントなのではないでしょうか…

理論的には、大きな発見発明がなくとも、全世界に必要なエネルギーの7割はまかなえると計算されているようです。

 

わたしの想像よりも大きな割合だったのでちょっと驚きました!

 

ここでちょっと押さえておきたいのが「電気は貯められない」ということ。

 

自然エネルギー(風力・水力・太陽光)は常に一定でもなければ常に発生しているわけでもないので、それだけで昼夜天候を問わず電気を使うためには蓄電池が必要不可欠…なんですって。

 

逆に言えば、性能の良い蓄電池があれば、自然エネルギーの可能性はどんどん高まっていくということなのかな。

 

続きます☆

妊娠したら知っておきたいこと②

 

産前産後は知りたいことがたくさん

まずはわたしが調べたこと・・・

・食べてはいけないもの

・安定期っていったいいつから?

・産休育休はいつからいつまで?

・保育施設関連の色々

・妊娠出産に関する本を読む

・陣痛出産の体験談をひたすら見る

・新生児に関するあれこれ

・赤ちゃんの染色体異常について

・新生児期の大変だったこと体験談を見る

・産後クライシスとは

 

頭になかったけれど知っておきたかったこと

・つわりについて

・産後の身体について

乳腺炎について

・産褥期とは?その過ごし方

・産後メンタルについて

・家事育児に関するマインドを切り替えておきたかった

 

先に挙げたものは、情報が比較的簡単に手にできた気がします。

簡単にというのは、自分が調べようと思わなくても雑誌や両親学級などで自然と目や耳にするという感じです。

 

後者は、自分から調べようと思わないとなかなか知りえなかったような…。

 

今はネットでなんでも調べることができますが、情報はあふれていて正しいものかどうか判断するのが大変だったりします…特に産後の寝不足、バタバタ、解決法をすぐに知りた~い!という時なんかは。

 

産前産後界隈にはエビデンスは見当たらないけれどまことしやかにささやかれ信じられているものも多いと感じています…(涙)

 

だからこそ、事前に知っておきたかったなと。

 

知らないことだらけで自ら情報の取捨選択をしてそれが正しいのか分からないままに前に進んでいくというのも産後の大変さなんだろうなと、振り返って思います。

 

わたしが第一子を妊娠してからの体験談を思いつくままに綴った記事がこちらにまとめられています。途中になっているものもあるので、追加記事も書いていこうと思っています(^-^)

 

色々あるけれどこれだけは…!

知りたいことも知っておいた方がいいこともたくさんあると思いますが、あまり重要視されていないけれど絶対に知っておいた方が良いことというのが「産褥期の母体の状態、過ごし方」ではないかと。さらには、その認識を夫婦で一致させておくことだと…声を大にして言いたい!!

 

こちらの出産・産後の準備アプリ(無料)は、少しずつ知識を得ることができ、パートナーともシェアすることができるのでオススメです(^o^)

https://www.madrebonita.com/familystart

 

産後はまず身体がボロボロ…

会陰切開の傷が痛んで座ることもままならなかったり、初めての母乳育児で乳房や乳首が痛んだり…更には子宮内は大きな傷を負っています。

 

わたしは第一子産後に「委ねる」ことに慣れていなくて、身の回りのことをお世話してもらってばかりな自分に情けなさを感じて落ち込んでいました…が…産褥期を安静に過ごすことは、その後の育児には絶対必要なんです。

 

あの頃のわたしに教えてあげたい…。

 

ここで無理をするのは、マラソンのスタートダッシュで張り切って怪我をするようなものだと思います。

 

先は長いのだから、焦らず、まずは自分の身体をしっかり回復させることに専念ですね。

妊娠したら知っておきたいこと

結婚、妊娠、出産、育児…

子どもの頃に思い描いていた、もしかしたら自分の人生の先に起こるかもしれない&起こってほしいイベントでした。

 

それぞれの節目にどうしたら次の望みにつながるかな?

次に起こり得る変化は何かな?

必要な心構えってあるのかな?

 

と考えたり準備をしたりしていました。

でも、思い通りにならないことや「聞いてないよー!」が満載。笑

 

わたしの場合・・・

 

第一子妊娠を望んでいた時

妊娠中にNGなことや産休育休のことを調べる

↓ 妊娠

ひどい悪阻に「聞いてないよー!!」と息も絶え絶えに…

 

出産間近

陣痛や出産のリアルを検索・新生児育児の大変さをシュミレーション

↓ 出産

会陰切開で座るのも大変!痛い!!聞いてないよー!!!

 

これは一例で…「聞いてないよー!!!」山のごとし。

 

妊娠に関しては、妊娠するまでも、妊娠してからも、変化が大きいこと、個人差が大きいことで、準備をしてもしても「聞いてないよー!」はついて回るのではないかと思います。

 

では、準備は無意味なのかというと全然そんなことはなくて。

 

知識や準備は安心や余裕につながると思いますし、自分には起こらなかったけれど誰かには起こること…と知っていれば想像力を働かせることや他者への思いやりにつながっていくと思います。

 

少しずつ、実体験をもとに産前産後の「知っておきたかったこと」を書き記していこうと思います(^-^)

松ぼっくり実験~後編~ピタゴラスイッチ♪

さて…見知らぬ家に連れ帰られ、水に沈められた松ぼっくりの運命やいかに。

 

昨日15分水につけていたところから、さらに30分水につけたのがこちら↓

 

f:id:rinfamilylife:20200116144642j:image

 

結構しっかりと閉じたように見えます!

子どもたちも「見て!!小さくなった!触りたい!!」と大興奮。

ここからが勝負…どれだけ時間がかかるのか…

 

-----ひとまず「おやすみなさい」-----

 

-----「おはようございます」-----

 

f:id:rinfamilylife:20200116144651j:image

 

10時間経ってここまで開いているー!!!

もっと途中の経過が見たかった…思ったよりもすぐ開くのね。笑

 

でも、拾った時に比べるとまだ頭の開きが甘いよねぇ…

 

もうちょっと様子見!!

 

 

f:id:rinfamilylife:20200116144716j:image

 

そこから4時間で…こうです!!

開いた開いた!!°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

松ぼっくりは湿度で開いたり閉じたりするんですね~、おもしろい!

もっと水につけておくと、開くまでの時間が変わってくるのかな…

 

子どもの好奇心、目をキラキラさせる様子にはハッとさせられます。

 

効率重視になったり、やらなければいけないことで頭がいっぱいになっているところにひと風吹かせてくれるこの感じ、とても嬉しくありがたく…そこに応えられる気持ちは持ち続けたいと思っています(^-^)

 

 そのためにはやらなければいけないことを後回しにしないこと、それに必要なのは瞬発力と体力なんだな~と、子どもたちの冬休みが明けて通常運転になったからこそ、噛みしめています。

 

今年はさらにチャレンジ&体力アップしていきます!!